上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャニ勉

スターズ~ジャニスの私小説(1974年作品)(紙ジャケット仕様)
ジャニス・イアン
ビクターエンタテインメント
発売日 2004-04-21
定価:¥2,520(税込)
価格:¥2,394(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




ジャニス2期の最初はこのアルバム。 2005-05-26

第1曲であり表題曲の「スターズ」、


ギター1本の弾き語りで、ジャニスの本領発揮と言ったところ。


しみじみと聞かせる1曲で、彼女の代表曲である。





このアルバムは表題曲のようにじっくりしっとりした印象ではない。


こじんまりとまとまってはいるものの、女性的な優しさが満ちているし、


まだまだジャニスの若さがかわいさを醸し出している。





「感応の馬車」は、どこにも馬車の描写はないに、


いかにも馬車に乗って田舎道を走っているかのよう。


デュエットになるとグンと力強くなる。





僕はどちらかと言うとB面が好きだ。


「悲しみのダンス」は力強い始まりとゴスペルの様な山が印象的だが、


それ以降は亡き人を思う回想の心細い歌となる。間奏部が4分の3拍子になり、


踊っている雰囲気を出しているところなど、とてもいい。


「貴方なしでは」は本当にかわいい小曲。


続く3つの大きな曲に向かうインテルメッツォというところか。


「我が心のジェシー」は、もう今更コメントもない。


名曲中の名曲。泣けてきます。


「あやつり糸」は、もうこれは演歌のノリ。


こんな思い、アメリカでもあるんだなって感心したものです。


最後の最後まで感情を抑え、その爆発と同時にストリングスがなり出して盛り上がり、


またジャニスのものすごい迫力の歌唱が印象的。


「アプローズ」は本当に不思議な歌。


ショーの時の華やか様子と、舞台裏、特にその晩の様子が目に浮かぶ。


記念すべきアルバムの最後の締めくくりも、ビッグバンドの洒落た終わりで、nice!




あまぞんで購入します


この記事は2007/12/21に作成しました。





関東在住でも関西テレビを見られないのでしょうか?
関東在住でも関西テレビを見られないのでしょうか?関東に住んでいても関西テレビの番組を見る事はできないでしょうか?見れるサイト、またはいい方法を知ってる方は教えてください。ちなみに、あたしが一番みたい番組は関ジャニ∞のジャニ勉です。(続きを読む)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。